hairhythm blog

兵庫県加東市にあるヘアリズムのブログ。

スポンサーリンク

フラッシュ!

断食は昔からちょくちょくやっていました。

健康とダイエットのためです。

月に一回やる場合は3日連続で。

断食を週1回やる場合は週末の一日のみ断食します。

こんな感じでちょくちょくやっていました。

肝臓のリフレッシュにもなります。

肝臓は本来500の役割があるらしいですが、

近頃の現代人は食べるものが片寄りすぎて肝臓は本来の役割をはたすことができず、

食べ物の毒素の分解がほとんどの仕事になっているようです。

あとはアルコールの分解。

断食をしている期間は肝臓が休憩できます。

その休憩期間中は肝臓が残りの仕事を思い出し、復活していきます。

3日間断食が終わると普通に食事をとると胃がびっくりするので、

おかゆなどから食事を戻していきます。

5日ほどその生活を続けると元の食事に戻せます。

体重も数キロ落ちるような感じで体もスッキリします。

しかし、今回の断食は8日間に及びました。

もう一つの目的はレバーフラシュを実施するためです。

レバーフラッシュとはアメリカなどで行うわれる胆石を自分で排出する方法です。

このレバーフラッシュには断食が必要不可欠になります。

この断食期間中にココナッツオイルを体に入れ胆石を柔らかくしていきます。

そして断食の最終日はエプソム塩を体に入れます。

下剤であるエプソム塩には体の力を緩める効果もあり、

胆嚢の入り口を広げてくれます。

そこへ特製ジュースを入れていきます。
オリーブオイル100ミリリットルとグレープフルーツジュース100mlをわったもの、

これを一気飲みします。

味はかなりおいしくないですが 一気に飲むことで、

久々に取り込まれた油に胆嚢は反応します。

胆嚢がびっくりして胆汁をたくさん出すのです。

この胆汁がゆるまった胆のうの入口を通り たくさんの胆石を外に出してくれます。

この胆石は便と一緒に外へ出ます。

僕のときは30くらいの胆石が出ました。

多い人だと数百の胆石も出るらしいです。

すごい人だと大きさ6㎝の胆石が出た人もしました。

どうやら僕自身が胆石がたまりやすい体質らしく数ヶ月に一回、

レバーフラッシュをするとスッキリします。

前回してから3ヶ月ほど立つのでまたそろそろやってみたいと思っています。

手術で胆嚢を取り出してしまえば早い話かもしれないのですが

手術後、何も症状が出ない人もいれば便秘になる人、

下痢になりやすくなる人など術後の体調の変化もあるようなので、

できれば自分で出せた方がいいかなと試してみた次第です。

でも最終日のオリーブオイルとグレープフルーツの一気飲みは・・・

手術の方が楽かもしれないくらいすごい味でした。

 

広告を非表示にする