hairhythm blog

兵庫県加東市にあるヘアリズムのブログ。

スポンサーリンク

和歌山旅行記 ①

毎年何回か妻と和歌山に行きます。

目的地はイタリアン。

白浜の海辺にあるそのイタリアンは建物自体もみんなで手作りしたそうで

アットホームな雰囲気が流れています。

兵庫県から向かうのですが人気のお店のため、朝のうちに予約を入れておきます。

そして3時間かけて和歌山へ向かいます。

和歌山へ向かう時の楽しみは各地のサービスエリアでの軽食。

ご当地ものなどを楽しみながらゆっくり和歌山へ向かいます。

一般的な和歌山の楽しみ方は動物園や海水浴などなのでしょうが

私たちはイタリアン一直線!そこのみが最終目的地であとは

あまりどこにもよらずにほぼとんぼ返りで帰ります。

あ、市場と温泉にはよりますが・・・。

この前の和歌山旅行で驚いたのは、高速道路が伸びる工事をしていたこと。

これは助かります。

いつもいつも和歌山の帰りは大渋滞。

海水浴や長期休暇の時期は特に渋滞がひどいです。

理由は高速道路【有料道路?】が途中、一車線しかないところが多いこと。

しかも大阪方面から和歌山に向かうのはほぼその道しかありません。

奈良から南下していく道もあるようですがなにせ山道。

なかなかのワインディングロードらしく、距離もかなり遠回りらしいです。

通ったことはありませんが…。

この高速道路が少しでも伸びてくれたら渋滞も少しはましになると思います。

2車線のところも伸びないかな…。
いい感じで和歌山に向かっていても遅い車が一台走っていると

そこからもう大渋滞なのです…。ひたすら我慢のたびになってしまいます。

今回も最後の最後で遅い車につかまり、のんびりな旅行になりました。

おかげでイタリアンには10分ほど遅刻してしまいました。

でもたどりつけば舌の記憶がよみがえり、疲れがふっとびます!

元気が湧いてくる!

こだわりのパスタの数々、そして石窯で焼いた焼きたてのピザ。

生地はもっちりとしてまるでおもちのようです。

妻も私も小食なのですがこの時ばかりはたくさんたべます。

おいしいごはんと素敵な景色。海岸線には青い海が広がり、

手前のテラスにはつたにブドウがなっています。

古い海外製のブリキの缶には無造作に置かれたタバスコ。

すべてが昼食を楽しくしてくれるスパイスです。

ひとしきり食事を楽しんだらそのまま温泉に向かいます。

ここまででほとんどのミッションは完了なのですが

帰るには早い時間なのでいつもお決まりの温泉で

長くくつろいで帰ることになるのです。

温泉のお話はまた次回に。

広告を非表示にする